掛軸

伝与謝蕪村筆「郭尚父図」絹本着色幅

冨田鋼一郎
H109.2 x 44.2 (cm)

郭尚父
安永甲午冬十月望前二日写夜半亭 謝春星 印 印

安永三年十月十三日の作。『蕪村全集』絵画遺墨278番にサイズの少し小さい全く同じ図が掲載されている。こちらは37.4X95.2で、個人蔵となっている。着色が異なり、衣紋線が多少違いがある。同日に二点描いたものか。真筆かどうか疑いが残るので、「伝」としておく。

郭尚父(かくしょうふ697-784)

郭子儀ともいう。唐時代の軍人。唐代のみならず中国史上の大人物。晩成型の人物。

与謝蕪村(よさぶそん1716-1783)
スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
冨田鋼一郎
冨田鋼一郎
文芸・文化・教育研究家
日本の金融機関勤務後、10年間「学ぶこと、働くこと、生きること」についての講義で大学の教壇に立つ。

各地で「社会と自分」に関するテーマやライフワークの「夏目漱石」「俳諧」「渡辺崋山」などの講演活動を行う。

著書
『偉大なる美しい誤解 漱石に学ぶ生き方のヒント』(郁朋社2018)
『蕪村と崋山 小春に遊ぶ蝶たち』(郁朋社2019)
『四明から蕪村へ』(郁朋社2021)
『論考】蕪村・月居 師弟合作「紫陽花図」について』(Kindle)
『花影東に〜蕪村絵画「渡月橋図」の謎に迫る』(Kindle)
『真の大丈夫 私にとっての漱石さん』(Kindle)
『渡辺崋山 淡彩紀行『目黒詣』』(Kindle)
『夢ハ何々(なぞなぞ)』(Kindle)
『新説 「蕪」とはなにか』(Kindle)
『漱石さんの見る21世紀』(Kindle)
『徹底鑑賞『吾輩は猫である』』(Kindle)
『漱石さんにみる良い師、良い友とは』(Kindle)
『漱石さん詞華集(アンソロジー)』(Kindle)
『曳馬野(ひくまの)の萩』(Kindle)
記事URLをコピーしました